FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

『母と暮らせば』 初日舞台挨拶中継@MOVIX京都

2015.12.12 (Sat)

えー、衣装は後日放送されるであろうWS等でご確認を…(苦笑)
セリフはニュアンスで受け取ってください。
正確ではございませんのでご了承願います。

中継は上映前の舞台挨拶ですので、基本ネタバレはございません。





司会(アナウンサー)=ア  山田監督=山  吉永小百合=吉  二宮和也=二  黒木華=黒

並び順は下手(客席から見て左)から ニノ・監督・さゆゆ・華ちゃん。




【 続き 】



ア:まずは皆様からご挨拶とご来場の皆様に一言お願い致します。

山:こんなに沢山、初日の映画館に来て頂けて嬉しいです。
  皆さんが納得して、楽しんでくれたら嬉しいです。

吉:ようこそいらっしゃいました。
  山田監督のタクトを見ながら、スタッフ・キャストで一生懸命作りました。
  どうぞ楽しんでいってください。

二:来てくださってありがとうございます。
  全国の皆さんもありがといございます。
  はじまる前ですけど、楽しいお話が出来たらと思っています。宜しくお願いします。

黒:どうも、本日はありがとうございます。
  えーっと、この映画を観ようと選んでくださって嬉しいです。
  皆さんの想いがこもった映画です。楽しんでください。


ア:二宮さんが全国の皆さんとおしゃってましたが、それには理由があるんです。
  この回はライブビューイングで全国145館に中継されています。
  監督、これは画期的なことですよね。

山:凄いですねぇ。北海道から沖縄まで…

ア:せっかくですので手を振って頂いて…

ここで中継慣れしたニノが監督の傍まできてカメラの方向を指さし、一緒にお手振り。
京都の会場でもちょいと “キャッ” となりました。
かなり控えめにちょっとだけね。
私はなってませんよ?(笑)

そんで、やはり控えめに手を振りかえしてる人もチラホラ ( ̄∇ ̄*)


ア:今回はSNSで登壇者の皆様に質問を募集させて頂きました。


一つ目 吉永小百合さんへの質問
「二宮さんと親子役を演じられましたが、似ているところはありますか?」

吉:お顔がね、似てるなんて言って頂いたりもして嬉しかったんですが、
  見ていて似ているなと思ったところはせっかちなところですかね。
  撮影が終わるとおしぼりでギュギュギュッと顔を拭いて、さっと帰られるんですね。
  私もせっかちなんで、そういうところが似てるなと思いました。

ア:せっかちなんですか?

二:その時は見られたなぁって思ってました(笑)

吉:毎日見てました(笑)

二:(笑)確かにせっかちですね。

山:パッと汚い服に着替えてね(笑)

二:やめて下さい! 確かに汚いですけど・・・あっという間に汚い服に着替えてね(笑)

ア:今は綺麗ですけどね!

二:今は綺麗です(笑)


二つ目 ニノへの質問
「長崎弁には苦労しましたか?長崎弁で好きなセリフを教えてください。」

二:・・・難しかったですね。作品で方言に関わるのは初めてだったので、ずーっと聞いてました。
  家に帰ってテープに入ってるのを聞いて…

ア:英語の学習法みたいですね?

二:そうですね。(CM等が) 来るんじゃないかと思って。
  そうですね、家にいる間はずーっと聞いてましたね。
  長崎の人が聞いたら “あまいなお前” ってのもあるかもしれないですけど・・・

ア:好きなセリフはありますか?

二:色々な事情があってなんですけど、“町子がね…” というのを・・・
  色々な事情があってそれしか覚えてない・・・申し訳ないんですけど・・・

山:あと、メンデルスゾーンね

二:そうですね。(長崎弁で) メンデルスゾーン

ア:(普通のイントネーションで) メンデルスゾーン?

二:(なまりを強めに) メンデルスゾーンです。

ア:皆さんには、それを踏まえて観ていただけるとということですね(笑)

二:そうですね。今よりは精度は高いはずですから(笑)


三つ目 黒木華さんへの質問
「二宮さんとの共演で、恋人らしい雰囲気を作るためにしたことはありますか。」

黒:二宮さんとの時間は少なくて、私人見知りなんですけど、
  出来るだけ沢山お話するようにしたり・・・(ニノが) けん玉が凄く上手くて
  “ドヤッ”って顔されてて…それで打ち解けることが出来ました。
  けん玉王子でした。

二:けん玉おされてました。華ちゃんがお話しする中で
  “私、小さい人が好きなんでよかったです”って言われて、私、小さい人なんだなって
  ・・・こう、ゆっくりナイフを刺す人なんだなぁって・・・

ア:今こそ弁明の時じゃないですか・・・

黒:あっ、あのー・・・私たっぱがあるので・・・いや、あの・・・大きい方だと思います!
  器が・・・器大きい方だと思います。

ア:はじまる前のお二人見ていたら自然にお話されていたので
  打ち解けて撮影に臨まれたんですね。

黒:そうですね。年上の素敵な方だと思います。


四つ目 山田監督への質問
「戦争を扱った映画は沢山あり、最近だと 『野火』 のような
戦争の凄惨さを直接的に描いたのとは対照的に
家族の、人と人との繋がりを描いたのはどうしてですか」

山:戦争と人間の歴史というのは付きまとってるものなんですよね。
  平家物語もそうだし・・・戦争を通じて悲劇や喜劇を演じてきてるんです。
  この映画も原爆という悲劇、そこから起きる親子の物語なんです。
  こういう話は昔から作らてきたに違いない。僕もその一つを作るんだってことですね。
  忘れてほしくないのが、長崎・広島と2つの原爆が落ちたんだということ。
  二度と世界中に、この爆弾を落とすようなことがあってはならない。
  そのことをもう一度考えてもらいたいです。


ア:お時間となりましたので、最後に山田監督と吉永小百合さんに
  一言ずつメッセージをいただきたいと思います。

山:改めて、初日に来てくださってありがとうございます。
  全国の皆さんにもお礼を申しあげます。
  この映画、気に入って下さったら2回でも3回でも観て下さると嬉しいです。
  ありがとうございました。

吉:山田監督が描いてこられた、家族の物語だと思うんですね。
  その後ろに原爆や戦争があると思うんですけど、この映画をご覧になって
  今日お一人でお越しでしたら是非またご家族と観ていただいて、
  あるいはおススメになって、この映画のお話をしていただきたいと思います。
  また家族のこと、平和のことを話して下さったら嬉しく思います。
  本当にありがとうございました。




テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

15:50  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinmomo7.blog65.fc2.com/tb.php/93-b50ef99e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。