Augusta Camp 2009~Extra~@鳥取県湯梨浜町 ハワイ夢広場

2009.08.29 (Sat)

今回は京都発着の日帰り弾丸バスツアーで参戦。
初の鳥取だから一泊して観光とかもしたかったんだけど、
ACツアーには関西発着のお泊りプランがなく、
個人で行くには交通の便がイマイチだったので泣く泣く。
因みに当日の朝まで悩んだTシャツはHMAの黄色Tで。

7時50分に京都駅の八条口に集合だったんだけど、
京都駅の烏丸口は週末の朝ってことで閑散としてたのに八条口に行くと凄い人!
慌ててマスクを装着しました。
観光バスが数台停まってて、学生の団体やら爺ちゃん婆ちゃんの団体やらで
集合場所が直ぐに見つけられなかった。

バスは自由席ということだったので、
山Tを着た一人っぽい人に声をかけて一緒にバスに乗りました。
因みに京都からツアーに参加したのは27人。
なので車内は比較的ゆったりしてたかな。

1度目のトイレ休憩のあとは2度目の休憩まで
誰に言われたわけでもないのに車内全体が睡眠タイム。
朝が早かったしね。

そして2度目の休憩は岡山の端っこの道の駅。
トイレに並びながら今回のACのメールリレーの話をしてたんですよ。
メルマガ登録し損ねたって話を。
そしたら後ろで聞いてた山ファンの方が“受信しましたよ”と!!
因みにこの声をかけて下さったのはSUGARさんでした!
そしてSUGARさんにメールを見せてもらいました。
SUGARさん、ありがとう!!

2度目の休憩が終わると添乗員さんの粋な計らいで福耳のCDを流して下さいました。
そして暫くして会場到着。
しかし外は雨。
まぁ、パラパラといった感じだったんですけど。
バスを降りる前にはバスツアー参加特典のTシャツ貰いました。
デザインはクラウドTシャツの緑バージョン。

090831_1020~0001

ちょっとガッカリ。
黄色か、もうちょっと洒落た緑がよかった(苦笑)
ま、今回グッズのTシャツを買う予定がないので良い記念です。

そして列に並ぶ前にFCガチャガチャ抽選会に参加。
私がGETしたのはピンクのロゴバッジ。

090829_1442~0001

デザインはロゴマーク以外にもあるみたいだったんだけど
私的にはロゴマークでよかったかなぁと。

そして会場到着時にパラパラ降ってた雨も30分ほどで止みました。
それで今回の教訓、100均のポンチョは止めとけ!
この日、風も強かったので裾がなびいて下半身防護出来てないし!
カッパ着てる意味がないっ!!
今回、大降りにならなくてよかったよ(苦笑)


そして雨やら風やらもあった為か予定より30分早く開場。
私はUNDERROOF AREAのBブロック。

090829_1455~0001

名前の通り屋根付の場所です。
UNDERROOF AREAはオールスタンディングで飲食も禁止。
なので場所取りの後はオープンエリアに移動。
会場後方にあるサブステージでの地元アーティストのライブを見ながら
のんびり食事をしたり寝てみたり(笑)

暫くするとブロック内が大分詰まってきたという事で一旦戻り、
相方さんと交代でトイレ行ったりタバコ吸いに行ったり。
この会場に設けられた喫煙所は湖・・いや池?のほとり。

090829_1605~0001

いい眺めです。天気がよければ最高だったんだろうね。
東郷湖って書いてあるから湖だと思ってたんだけど、
来る途中に東郷池って書いてある看板があったんよねぇ。
どっちなんでしょうね。

そして席に戻る途中、屋台を一つずつ覗いてると
サブステージで司会をしていた鳥取の観光大使のお二人発見。
記念に写真を撮らせてもらいました。

090829_1621~0001

ちゃんとブログUPの許可は取ってます。



----------



17時になりいよいよ開演!!
ゆう君はオープニングアクトじゃないんやね。


トップバッターはmi-gu
衣装は青いワンピースに赤い小さな飾りの帽子。<なんて言うの?

1.pulling from above
2.spider
3.floating
4.Choose the Light
5.from space ~ sakaiminato



初めて聞くはずなんだけど、
1曲目と2曲目はな~んか聞いたことがある気がする。
どこで聞いたんだろ?
一昨年のACで少しだけ聞いたゆうこちゃんの歌声。
やっぱりカワイイね。

MCでは“地元だよ~♪知ってますかぁ?鳥取は私の地元なんですよー”とか
地元でオーキャンをする日がくるとは思わなかったよ~”とか嬉しそうでした。



お次は新人さかいゆう
衣装は白のタキシード(?)に白いハット。

1.music
2.ふるさと
3.ストーリー
4.How Beautiful



以前からブログやらの小さい写真を見る度に“誰かに似てるなぁ誰やろ?”
と思ってたんだけど、今日誰だかわかったよ!
FM802のDJ、中島ヒロトさんに似てる!
顔もそうだけど、時々喋り方や声まで似ててなんか可笑しかった(笑)
“ああ~ヒロトさんが歌ってるよ~(笑)”って。
いつかヒロトさんと共演してくれるのを楽しみにしてます!



お次は秦基博
衣装は青いVネックのTシャツにジーンズ。

1.夏はこれからだ!
2.青い蝶
3.鱗(うろこ)
4.シンクロ
5.キミ、メグル、ボク
5.Halation with 名越由貴夫
6.サークルズ



未だに秦坊のよさが分からずにいるピンモモです。
別にダメだとか思ってるわけではないんですけどね。
ま、今回唯一の福耳曲「夏はこれからだ!」が聴けてよかったよ。

Halation」ではゲストとしてレコーディングにも参加された名越さん登場。
今回mi-guで出演するということで声をかけたら
急なお誘いにも関せず快く引き受けてくれました!
”とのこと。


そして山崎まさよし
ピンクのTシャツにジーンズ、黒いタオルを頭に巻いて登場。

1.ペンギン
2.バビロンの住人
3.追憶 with 田川ヒロアキ
4.ロンサムライダー with 田川ヒロアキ
5.心拍数
6.十六夜
7.水のない水槽
8.スローバラード with 秦基博
9.月明りに照らされて
10.One more time, One more chance



まず「ペンギン」は昨年のACの時のようなアレンジ。
相変わらずめちゃくちゃカッコイイ!!

バビロンの住人」はWalkin'ツアーの時のアレンジ。
しかし、まさやんが歌いだした瞬間ゲンタさんが
“ファイヤー!”と叫びドカーンっと物凄い爆音。
そして改めて頭から歌いだす山さん。
一部のファンの間では“手拍子やめろ”って意味じゃないかとのことだけど
私は演出の様に感じたんだけどね。
真相はいかに?

そして“♪その街から来た賢者は言う すべては君次第だぁ~”でエコーがかかると、
ギターとベースを置いちゃう山さんとキタローさん。
するとおもむろに銀髪のカツラを被る山さん!
なんとなく仙人っぽい。因みにキタローさんは三蔵法師ぽかった。
歌詞の意味合いから考えると二人は賢者???
そして杖を突きながらステージ中央へ。
扮装した二人が“お前か?”みたいな感じでお互いを指差し合い
最終的に二人そろって“お前だ!”といった感じでゲンタさんを指差す。
“え?俺?”といった感じの身振りのあと目玉親父の被り物をするゲンタさん。
そしてその被り物をしたまま、なんとドラムソロ!!
ドラムなんて、普通に叩けるだけでも尊敬なのに・・・凄いっ!!

MC
えー、山崎まさよしです。
August Camp 2009 ~Extra~・・・ってタバコの名前みたいですね。
ここで、ゲストをお招きしたいと思います

と言って現れたのは盲目のギタリスト、田川ヒロアキ氏。
ここで誰の煽りだったかヒロアキコール。
そして演奏された曲は「追憶
これはWalkin'ツアーでも実はツインギターやったんよね。

そして田川氏と共にもう1曲「ロンサムライダー
これは、まさやん本人が無理と言っててこの間のツアーでもやってない!
これまでの夏フェスでもやってない!!
まさかここで聴けるとはっ!!田川氏、ありがとうーーーー!!
彼のギターテクは素人目にも凄いって分かるよ!
超カッコよかった。
彼が立ち去る時には今度は自然発生的にヒロアキコール。
そして田川氏が立ち去った後
な!凄いだろー!?”と自慢気なまさやんが可愛かった(笑)

そしてアコギに持ち替え「心拍数」 「十六夜」 「水のない水槽
一時期ライブの定番だった「十六夜」は久々~。

MC
もう一人ゲストを・・・”と言って現れたのは秦坊。
山“秦きゅ~ん!
すると会場のあちこちから“秦きゅーん!”の声(笑)
秦“秦きゅん言わない!
山“真っ青やな
秦“真っ青ですよ
山“真っ青で、Vネックやね
秦“Vネックだとスッキリ見えるんですよ
山“稼ぐね~(笑)
秦“稼いどかないとね
山“その髭もそうか?
秦“そうです、輪郭がなくなるんで(笑)
会場からは笑い。
秦“ちょっとでも稼いどかないと、公の場では
山“もう稼いどるがな!(笑)

そして“聴けば分かります”と言って始まったのは「スローバラード
ま、秦坊が出てきた時点で予想出来ましたけどね。
宮古島では山さんはブルースハープだけだったけど、今回は歌ってましたよ。

ラスト2曲は「月明りに照らされて」 「One more time, One more chance
どちらもWalkin'ツアーでは日替わりの時にやった曲。
これで全曲制覇だ!(笑)



いつになったら出てくるのかと思ってたら最後に出てきた 元ちとせ
白いチュニックっぽいワンピースで登場。

1.島唄
2.ワダツミの木 with オーガスタメンバー



まずは椅子に座って三線による弾き語りで「島唄

そして“素敵なオーガスタの仲間を呼びたいと思います”と言って
アロハシャツに着替えた山さん、秦坊、ゆうこちゃん、ゆう君登場。
因みにまさやんは頭に白いタオル巻いてました。
私のデビュー曲をやりたいと思います”と言って「ワダツミの木
ちーちゃん、衣装のせいかお腹が少しふっくらしてる様に見えた。


ちーちゃんの曲が終わるとキタローさん、ゲンタさんも再び登場。
この時、ちーちゃんはアロハシャツの代わりなのか花のレイを首にかけてました。
そして客席の声をうけ、元“タオル取れって言ってますよ
山“湖・・・池があるから巻きが入っとんねん。だからこれは事故や(笑)

1.春も嵐も~雨上がりの夜空に
2.晴男



春も嵐も~雨上がりの夜空に
はWalkin'よりちょいと長めで秦坊も少し歌ってました。
ちーちゃんはやたらピョンピョン跳ねてて“大丈夫かぁ?”と心配になっちゃった。

晴男」の“♪東京に生まれて阪神を愛してても~”は
秦 → ちーちゃん → まさやん の順に3パターン披露。

秦“ハワイと言ってもちょっと行けば日本海
元“ハワイと言ってもちょっと肌寒い
山“ハワイと言っても椰子の木何処にある?・・・あるのか!?

なんか椰子の木で、ちーちゃんが“あるよ”って指さしたらしいんだけど
私は見つけられなかった。
ま、何にしても山さん残念!(笑)


そして曲が終わり山さんの合図でステージ前方に集まるメンバー。
まさやんが真っ先にゆう君の手を取ってたのを見てキュンとしちゃった。
そして全員手を繋いで挨拶したあと、はけて行きました。

そしてこの後アンコールがあるもんだと思ったらなかった!!
後日、スタッフブログを見ると、
ちーちゃんが出てきた時から既にアンコールやったらしい・・・。

あのさぁ、アンコールってさぁ、
オーディエンスの声があって初めて成立するもんじゃないの?
ちーちゃんが出るってみんな知ってんだから、
出てくるまでは本編だと思うでしょ!?
それにオールキャストで2曲、「ワダツミ」入れても3曲って少なくない?

まさやんのソロステージだけ見ると、これ以上ないぐらい満足だけど、
オーキャントータルで見ると私的には不満でいっぱいです。



----------



そして終わったらすぐにバスに乗り込み夕食。
食べ終わるとすぐに爆睡。
1度トイレで起きた以外は京都駅までずーっと寝てました。

そして午前1時40分頃、京都駅に到着。

090830_0142~0001

シャッターが下りた京都駅、初めて見ました。
そして自転車で家に帰り着いたのが2時でした。


1日、殆ど雨も降らず肌寒いぐらいに涼しく
会場ではそれほど体力を奪われたりしなかったんだけど、
やはり往復のバスがキツかったです。
普段使ってる高速バスは3列シートでゆったりしてるけど、
今回のバスは普通に4列シートで狭いし、久々に軽く車酔いもしちゃったよ。
お陰で翌日も夕方まで寝てたし(苦笑)


オーキャントータルとしては不満が残るものの、
まさやんのステージでは聴けないと思ってた曲が聴けたりしたので
鳥取まで行ったこと自体には後悔してません。
行ってよかったです。

来年のオーキャンはどうなるのなか?
元に戻ることはないにしても、今年と同じは嫌だなぁ(苦笑)


<09.08.31UP>


↓ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力お願いします!!
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ (PCのみ)

↓ついでにこちらも(笑)
blogram投票ボタン (PCのみ)


↓更に拍手してもらえると励みになります♪

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

23:05  |  山崎まさよし  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinmomo7.blog65.fc2.com/tb.php/73-ddb146a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

オーキャンレポ

一昨日のレポートUPしましたです。 Augusta Camp 2009~Extra~@鳥取県湯梨浜町 ハワイ夢広場 ↑携帯からも飛べますぞ。 本当は昨日UPしようと思ってたんだけど、 弾丸バスツアーが想像以上に身体にきてしまってねぇ(苦笑) 夜中の2時に帰ってきて寝たの...
2009/09/04(金) 22:51:31 | カタルシス

▲PageTop

 | HOME |