FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

FANCLUB UNDERWOLD 2@Zepp Sapporo

2004.11.16 (Tue)

MC=昭仁晴一


2度目のファンクラブイベント。
今回は公演数が少ないのでかなり激戦だろうと思い、
私が選んだ会場は北海道は札幌!!

この選択は間違ってなかったようで札幌会場は三次募集までしてた。
一時募集で応募した私は整理番号にかなりの期待をしていたんだけど、
なんと一番後ろのブロック。ありえーん!!><
でも、広島や仙台では落選した人もいっぱいいるし、何より平日ばかりだったこともあり
端から行けない人もいることを考えたら行けるだけでも、メンバーに会えるだけでも幸せよね。

イベント前には某サイト様のオフ会があった為、大人数で会場入り。
といっても整理番号順に入場なので会場前で皆とお別れ。
最後の方の整理番号である私はかなりの時間、外で待たされる事に・・・。
この日は誰が降らせたのか雪が降っていて、超ー寒い!!
整理番号が近い人たちと“寒いねぇ”などと話して気を紛らわす。
そして、いよいよ入場。

私は先にも述べた通り、一番後ろのブロックだったので近くで見るという事ははなから諦め、
ブロックの中でも一番後ろの一番隅っこで見る事を決める。
逆に目の前が空いていて見易そうだ。

今回のFCイベントは何をやってくれるんでしょ?
それと私がリクエストした曲はセットリストに入ってるかなぁ?
ちなみに私がリクエストしたのは
「リビドー」「冷たい手~3年8ヶ月~」「いつか会えたら」

いよいよ開演!!
前回のFCUWと同様「CLUB UNDERWORLD」の曲に乗せてメンバー登場。
こんばんはっ!元気ですかっ!?ワシらがポルノグラフィティじゃ!!
2回目のファンクラブイベントにご来店してくださりありがとうございます。
寒い中ね(笑)、またもや雪を降らせてしまって申し訳ないのですが・・・(苦笑)
えーっ前回はねカラオケとか(笑)
質問コーナーとか色々やったんですが、今日ははライブ形式でやっていきたいと思います。
いつもと違う感じで僕らの歴史を語りつつ、今回のテーマはリラックスです。
ではこの曲からいってみたいと思います。


Search the best way
ありがとうございます。
「Search the best way」を聴いてもらいました。
次に聴いてもらう曲は最後に口笛が入ってるんです。
これはねぇレコーディングの時に歌入れが全部終わって安心して口笛ふいとったら
akがね“それいいねぇ”って言って入れる事になったんですがね。
最初はガンズみたいな感じで、いけるだろうって思ったんですが、
意外に難しくてですね、なかなか音が出なかったのね、口が渇いたりなんかして、
ぷぷぷぷって・・・そんな感じで苦労した曲です。
で、今日最後に実際口笛をしようと思います。
とは言ってもね、皆そこばっかりに注目せんようにね。
また緊張してぷぷぷぷってなってしまうから。それでは「天気職人」


天気職人
この曲って最後に口笛入ってたんやね(^_^;)
最近のシングルはゆっくり聞いてる時間がなくて知らなかった。
言うてみるもんじゃね。
口笛でこんなに拍手もらえるなんて思わなんだ。
乾燥してるけぇまたぷぷぷぷってなるかと思ったけど・・・。
今回はねHPでアンケートをとったりなんかしたんですけどね
沢山投票してもらってありがとうございます。
で、次に聞いてもらう曲はワシらも意外だったんじゃけど1番投票が多かった曲です


夕陽と星空と僕
この曲が1位なんじゃ?!私にも意外だわ・・・。
そしてそのまま次の曲に。

蝙蝠
この曲が聴けるとは全く予想してなかった。
でも、いい曲だよね。ムーディー(?)な感じが好き♪

「夕陽と星空と僕」と「蝙蝠」これもね票が多かったんですが聴いてもらいました。
「夕陽と星空と僕」この曲はね、締め切りがあって出来た曲じゃなくてそうじゃない時に
たまたま出来た曲で、なのでねいつもは出来んことをやってみようって
ファルセットを駆使してみたりしたんですがね、詞の方もね、
歩道橋ってのをキーワードに入れたくて、歩道橋っていったら下に車線があるじゃないですか、
で2車線か5車線で悩んだんですが、2車線じゃ歩道橋って現実的じゃないし、
それじゃそのまま下を渡った方がええしそれで5車線になったっていう曲ですね。
で、僕の話をしたんですが、何か「蝙蝠」でないですか?

ちーっす!!札幌、ちーっす!!
なんね、その困った時のテンションみたいな・・・何、俺がしゃべりすぎた?
やっぱ出ちゃうね、隠し切れない大人の色気みたいなのが・・・
動物愛護の気持ちみたいのがね・・・俺が書くのって動物とか多いじゃん。
「ライオン」とか「アゲハ蝶」とか「狼」とか・・・やっぱ出ちゃうんだね。

キツツキ。・・・キツツキはないか
会場“ねこーっ!”
猫?!
猫なんてあったかぁ?!
あー、猫が出てくるのね
やっぱ出ちゃうね隠し切れない動物愛みたいなのが・・・お前は出てこんの?
俺は出てこんねぇ
会場“Sheep!!”
Sheep?あれは羊というよりも臆病者って意味の方が
強いんじゃけど、まぁ、出てきましたね動物

あのね・・・・・・これは止めといた方がいいかな・・・(笑)
会場“聞きたーーーい!”
言っちゃえ!
え?お前の話よ?あのね「蝙蝠」の話しじゃないんじゃけど
「デッサン#1」ってあるのね?で、あれは昭仁が彼女と別れる、
別れないみたいな時に書いたんじゃけど、
こいつにお前の話じゃってのは言わずに大サビの部分だけ書いてみぃって言ったんよ。
あれの大サビの部分、今は“空の高い所で生まれた雨粒が”とか俺が書くと
そんな優しい歌詞なんじゃけど、元々こいつが書いた歌詞が
“君と僕との幸せを考える それは僕自身を切り刻むことだった”
って歌詞なんよ。彼女おるんよ?!

あははははっ、出ちゃうのかなぁ?(苦笑)

ここで晴一くんが何かしゃべってたんだけどハッキリ覚えてないです(-_-;)
ただ、その時に昭仁しゃんの彼女の名前を言ったのだけはハッキリ覚えてます!

えり言うなや!懐かしいじゃないか!(苦笑)

いくら過去の話とはいえ、彼女の名前出すんは反則よ!!
いくらなんでも生々し過ぎるじゃないかっ!!(>_<)

ちーーっす!!
人を使ってネタを作りやがって!まぁいい。そりゃあ、ずっと一緒におるんじゃけ
色々知っとるわぁねぇ、酸いも甘いも・・・
酸いも甘いもは違うかプライベートもあったもんじゃない。
次にやる曲はねぇ、2番目に多くやってる曲で、1番はねやっぱり「ジレンマ」で
次にやる曲と同じ回数やってるのが「Century Lovers」と
「ミュージック・アワー」と「サウダージ」と「アポロ」。
でね何回もやってるとね色々アレンジを変えてやってみたくてね
前回のツアーでもアレンジを変えてやったんですが、
今回はハードロックバージョンでやりたいと思います。この曲で暖まって下さい!

マシンガントーク ハードロックVer.

いやぁ、楽しいね。みんなも楽しんでくれたみたいじゃけど俺らも楽しかったです。
・・・はぁ、ボチボチやらして!それなりにね、体力というのは
消耗するもんで・・・・・ちょっと水でも飲まして

会場“大丈夫ーっ?”
(生声で)大丈夫!!
会場“はるいちーーっ!!”
ちーーーっす!!
会場“ちーーーっす!!”
ええのぅ!それ便利じゃのぅ!!
えー、マシンガントークも色んなVer.があるんですが、
他の曲にもお蔵入りになったんもいくつかあったりしてね、
例えば「サボテン」は皆が知ってるんは「サボテン」と
「サボテンSonority」と2バージョンあるんじゃけど、実はもう2バージョンあるんですよ。
あとね「Mugen」にはアコースティックVer.もあったりします。
オーケストラVer.ってのは聴いてもらったことあるじゃろ?
アコースティックVer.は元々は早い曲じゃのにあんまりにもゆっくりしすぎて
なんかよう分からんようになってしもうてダメになってしまったんですけど。
ま、僕らはこの9月にデビュー5周年を迎えたんですけど・・・

会場“おめでとうー!!”
ありがとうございます。
で、デビューして5年だけども結成してからはもう10年ぐらいになるんですよね。
で、ポルノグラフィティの名前の由来にもなったのがエクストリームっていうバンドの
アルバムだったんですけどねそのバンドのギタリストが来日してて、
そのライブに(晴一)行ったんよね?

そう、行ったんよぅ。俺らとかね他の人のライブに行くとこう関係者の人とかに
“楽屋いらっしゃいますか?”みたいに<声かけてもらったりするんじゃけど、
やっぱ遠慮したりするんよ。でも今回は自分から行ったもんね!
“ポルノグラフィティですけど!”って“ぼっくらの~♪って知ってますぅ?!”って(笑)

そこまで言ったんじゃ(笑)
で、楽屋に行ったんじゃけど、もうヌーノがそこにおるんよぅ。
楽屋に高校の時に見とったギターがそこにあるんよ!
もう“触らんけぇジャストルック!ジャストルック!!!”言うて
このテンションでずーっと“ナイスギター!ナイスギター!!”とか
言いよるけぇ、ヌーノも段々鬱陶しくなってきたみたいで何言うても“ハァ・・ハァ”って・・・。

で、ワシらがポルノグラフィティじゃってのは言ったの?
そんなん言えるわけないじゃんか!!
えーっ!それは言ってこいよ!!それは出し惜しみすることないじゃろ!(笑)
そんで、写真も撮ってさぁ
写真も見せてもろたんじゃけど・・・
え?写真見せたっけ?
いや、勝手に見た(笑)ギターケースに大事そうに入れとるけぇ勝手に見てやった(笑)
勝手に見るなやぁ。まぁ、ライブ見てさぁいいもの見たあとだとね
こうやって俺らを見にきてくれてる皆にもね、その時の何分の一かでもいいから、
その時と同じ興奮をみんなにも持って帰って貰えたらって思うたね。

それじゃこの気持ちを胸にね、その時に流行った曲をやってみようと思います。
MORE THAN WORDS

「MORE THAN WORDS」をやってみました。
もし機会があったら聴いてみたりなんかして下さいよ。
さっき5周年という話もしたんですが、次の曲は5周年第1弾。
何かこの曲についてないですか?晴一さん

今回、皆さんには色々とご心配かけたじゃないですか?
いつも新曲出せる時ってのは嬉しい物なんじゃけど、
ただ、この曲は出せたってことが嬉しかったの。
この曲ってのがちょっと物悲しい感じじゃけど、俺らはすごい前向きな気持ちだったし、
大切な曲になるんじゃないかと思うの

それでは僕らの前向きな気持ちが込められた曲「シスター」聴いて下さい
シスター

次にやる曲は久々にやる曲なんですが、
譜面を見るとね、そこには98年11月6日って書いてあって6年前に出来た曲なんですが、
この曲をきっかけにakとやることになったんですが元々のタイトルが「トキオグラフィティ」って
言うんですが田舎から出てきて、ちょっとだけでも都会っぽさを出そうと意識して付けたんですね


あぁっ!ここで私は既に曲が分かってしまった!!
私が1番聴きたかった曲!!(≧▽≦)

初めて本間さんと会う時なんですが、プロデューサーっていうとこう椅子にデンと構えてて
“頑張ってるかねぇ?”みたいな感じかと思いきや半パンに白いTシャツ着て、
今から虫でも取りに行くんか?みたいな感じで、そん時にピーンときたね、
この人スゲェって。なんて気楽な人なんだと・・・

楽屋とか行くとグラビアとか見てて“晴一どれがいい?”って
それなんとかなるんすかー?みたいな(笑)

当時から変わってないというか、今日もね仙台にきてね・・・・
会場ブーイング。ココ札幌です。
え?何?お前の気持ちはもう先にいっとるってこと?
違うんです!(笑)
何?もうココのことはどうでもええん?
違うんです!(笑)ワシを追い込むなや!(笑)
ごめんなさい!(土下座)一人一人の人の顔見てこうか?
ホンマにすいません。後ろの人見えてますか?僕の顔?
今、すごい申し訳なさそうな顔してますよ!


この時一番端まで来て、一番後ろまで見てくれた!!
一番後ろの一番端(下手)にいたのは100%私やからね!!(*≧▽≦)/

ね今日楽屋で大道芸人が持ってるみたいな風船で遊んでてね、それを見た本間さんが
“被りたい!ワシも被りたい!”って言ってそん時被ってたNAOTO君が
たまたま上半身裸だったもんじゃから、本間さんも脱がなきゃダメですよ、
なんて言ったらTシャツ脱いで、そんで頼んでもいないのに
ズボンも脱いでパンツ一丁で写真いっぱい撮ってました。
とそんな話もありつつ、一緒にやってきて今の僕らがあるんですが、
で、当時この曲を作る時に本間さんが言ってたキーワードが
“プリンスみたいにしたい”ってことだったんですよ。
ま、言わばキワモノ、セクシャルな感じで、そこからイメージして詞を書き上げました。
で、この曲のタイトルは医学用語で“性的衝動”って意味なんですが
ココで性的衝動出されても大変なんで、なんらかの衝動を出していって下さい!

リビドー

まだまだ暴れていくよ!いいですか札幌!!
ワシの髪も横分けになってきたけど、まだまだ行くよ!いいですかー!?

ライオン」「メリッサ

「メリッサ」の出だしが今回はベース音に戻ってたんだけど、
Tamaちゃんとのあまりの音の違いに
思わず身動きがとれなくなってしまった。
ベースが変わるだけで、演奏する人が変わるだけで、
こんなにも曲が変わってしまうんやね。
夏のイベントで聴いた時よりショックが大きかった。

聴いてもらいました。
会場“疲れてるー?”
疲れとるよ!そいうこと言わんといて!
ホンマに疲れとるんじゃから・・・えー「メリッサ」?みんな・・見た・・かな?


んん?いきなり主語なしに聞かれても分からん!!(笑)
ホンマに疲れとるんじゃね。ってそりゃそうか。

えーっ「メリッサ」ミュージックステーション。
綺麗な月が出とったじゃろ?あれは元々の予定にはなかったんよ。
最初は曇ってて本番もなんとか降らなければエエわって思ってて、
で歌ってる時も曇ってたんじゃけど、ちょーどチャンと終わった瞬間に雲が晴れて、
レコード会社の人が“あれ!あれ抜いて下さい!!”
って言ってあの素晴らしい映像になったんですよ。
で、次で最後の曲なんですけど、今週のオリコン3位です!ありがとうございます。
もうね沢山の人に聴いてもらえてるってだけでも幸せです。ありがとうございます。
それでは最後の曲、僕らの1番新しい曲聴いて下さい。

黄昏ロマンス

一旦、メンバー退場。

~アンコール~

(テンション高く)アンコールありがとうっ!アンコールありがとうっ!!!
何回やっても呼ばれる時は嬉しいもんじゃね。
慌てすぎて飲み物こぼしてもうたんじゃけど染みになるかもしれません。ま、大丈夫でしょう。


か、カワイイ・・・( ̄∀ ̄*)

じゃあここでメンバー紹介をしたいと思います。
まずはキーボードっ!!そして今日はフルートも吹きました。ただすけ!

ただすけ“ジャパンツアーの時のTシャツです
ん?ジャパンの時ただすけっておったっけ?

そしてベース森男!
森男とはいつも話しよんじゃけど、今こうして一緒にやりよんのが不思議じゃなと、
昔(森男は)「ループ ザ ループ」ってバンドにいまして
僕らが大阪にいるころから知ってまして、しゃっべた事なんかはないんじゃけど
良いバンドだなと大阪にいるころからライバル関係でやってきて
そのループ ザ ループでベースをやってた森男が今ここでね
ワシらのベースをやってくれているのが不思議な縁だなと・・・。
皆さん、森男です!宜しくお願いします!!

森男“(手を振る)
おっ随分愛想がえぇの、手振ったで!(笑)
次、バイオリン!NAOTO!!
ドラムス!小畑ポンプ!!
そしてマニピュレート!nang-chang!!

ここでnang-chang本間さんの話の時に出てきた風船を客席に!!
それいるぅ?俺いらねぇ
南ちゃん“(客席に向かって)それ着けて
それ気が散るわ。やっぱ外して、ゴメンね。
そして前2人がポルノグラフィティになります。ギター晴一!

ちーーーっす!!
会場“ちーーーっす!!”
今日はよろしくお願いしまーーっす☆ちーっす!おら悟空!
(悟空のマネで)いっちょやってみるかぁっ!!
今日はありがとう。またこうやって会いましょう
そしてヴォーカルの昭仁です。ちーっす!!
会場“ちーっす!!”
なんで、これこんなに盛り上がるん?!
取んなやぁ!お前はうぃーっす!にせいや
うぃーっす!!
会場“うぃーっす!!”
いけるいける。これエライ盛り上がるね。今度から使わしてもらうけんねぇ。
さっきから繰り返しになるんですが、5周年を迎えまして、思い返してみると、
デビューした頃はよちよち歩きで5年経ってやっと2本の足で
歩けるようになってきたかなぁと思うんですが今、こうやって2人でリスタートを切って
またよちよち歩きの段階だと思うんですよね。
よちよち歩きになると視線が変わって色んな物が新鮮に見えたり楽しくなったりして、
不思議なもんでね、これからまた走っていけるように頑張っていこうと思います。
またお力を貸して下さい。宜しくお願いします。
次にやる曲は僕らのデビュー曲なんですが、デビュー前、デビューに向けて
曲を沢山作ってたんですが、元々のデビュー曲候補は「ヒトリノ夜」だったんですよ。

会場“ふぅ~ん”
おおっ!今すごいね!
これだけの人が一斉に“ふぅ~ん”て言うとこんなでっかい“ふぅ~ん”になるんじゃねぇ!
こんなでっかい“ふぅ~ん”初めて聞いた。ちょっと感動した

するとnang-changが機会で“へぇ”の音を出した!!(笑)
ビックリした南ちゃ~ん。
またその“へぇ”と違う音なんじゃけども。
まぁ「ヒトリノ夜」が候補だったんですけども「アポロ」を作っていく段階でこっちの方が
いいんじゃないかと、ロケットが月まで飛んで行くみたいにね、
ワシらも大きく羽ばたいて行こうみたいなねそんな感じで「アポロ」がデビュー曲になったんですが、
今年「僕らの音楽」という番組に出まして、その時にやった2004年Ver.をやってみたいと思います

アポロ'04

曲が終わり最後に生声での挨拶
また会いましょうっ!!
まったねぇ~!



う~ん、今回のFCイベントはどうなんでしょう?
満足した人が多かったってことはやっぱりよかったのかな?
私的にはなんだかなぁといった感じでした。
1曲1曲はどれもよかったし、満足なんだけど、
これはあくまでも“FCイベント”なんよね?
選曲は確かにFCイベントならではって感じだけど、
私のイメージでは“FCイベント=ファンとの触れ合い”なんだけど、
そのイメージからいくと前回の方がFCイベントっぽかったかな?と・・・。
さすがに前回のデザートの様な事はもう出来ないと思うけど、
前回はデザート抜きでも充分触れ合いがあった気がするんよね。
ライブはツアーで思う存分楽しませてもらえればいいし・・・。
ま、私的には次に期待って感じかな。


■■セットリスト■■
1.Search the best way
2.天気職人
3.夕陽と星空と僕
4.マシンガントーク ハードロックVer
5.MORE THAN WORDS
6.シスター
7.リビドー
8.ライオン
9.メリッサ
10.黄昏ロマンス
~アンコール~
EN1.アポロ'04

<2005/02/03 UP>


↓クリックして貰えると喜びます(笑)
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ (PCのみ)

↓ついでにこちらも(笑)
blogram投票ボタン (PCのみ)


↓更に拍手してもらえると励みになります♪

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

タグ : FCUW レポート

23:45  |  ポルノグラフィティ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinmomo7.blog65.fc2.com/tb.php/40-57cbb019

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。