FC2ブログ

MEET THE WORLD BEAT 2004

2004.07.25 (Sun)

MC=昭仁


ポルノにとってリスタート後、初となるライブを観る為、
万博記念公園まで行って参りました!

この日は朝から天気が良く、立ってるだけでも暑い。
野外イベントなので、ビニールシートや折りたたみの椅子、
替えのTシャツやタオル、そして大き目のクーラーバックなんかも準備。
その中に約3リットル分の水分や食事なんかも入れて大荷物だったため、
会場に入る前から結構疲れていたり・・・(^_^;)
前日の予報でも“晴れ”になっていたが、
なにせ相手はポルノグラフィティ(苦笑)
私はカッパの準備もしっかりして行った。

整理番号は2000番台前半。
確保した場所は1番右側の1番前のブロック。
ちょっと観にくいが、比較的ステージに近い場所が確保出来た。
ただ、カメラのクレーンがずっと動いてて、
時々ステージが見にくい(-_-;)

そして開演!!
この日のアーティストの登場順は以下の通り。
(赤文字はメインステージ・黒文字はサブステージ)
アジカン
スキマスイッチ
EGO-WRAPPIN'
JANIS IAN
YUKI
Leyona×佐藤タイジ
東京事変
スネオヘアー
RIP SLYME(シークレットアーティスト)
The Rolling Bloody Jr.High!
ポルノグラフィティ
一青窈
Mr.Children
(ラストセッション)

スキマのステージ中、あまりの暑さに“雨降らないかなぁ(笑)”などと
話しながら空を見てると、遠くの方に怪しげな雲を発見。
そしてサブステージでJANIS IANのライブが行われてる時、
空模様が怪しくなってきた、すこし雷も鳴り始めてる。
JANIS IANのステージが終わると、DJが登場し、
ライブの一時中断が伝えられた。
・・・・・・・・・・・・・・・。
やってくれます、ポルノグラフィティ!!
しかも、この事をメールでポル友に伝えると、
なんと大阪には大雨・洪水警報が出たらすぃ。
周りにいたポル友と大ウケ!!ってウケてる場合じゃないか(笑)
とにかく雷がすごかった。
雨も降ったけど、雨はそれほど大したことにはならなかったです。

その後、なんとか雷雲は遠ざかったようで、
YUKIのステージから再開!
YUKIちゃんカワイイ( ̄∀ ̄*)☆
とてもママとは思えないよ~。
昭仁しゃんが“言うのも嫌なぐらいドンピシャなタイプ”
と言っていたのがよくわかる。うん。
それと、最初から気になっていたカメラのクレーン。
動きによっては、ステージが良く見える♪

そして中盤、シークレットアーティストの登場!
アーティストは『RIP SLYME』。
この日初めて、観客が前に押し寄せてきた。
私って自分が好きなもの以外の事には
すごく疎くて知らなかったんだけど、
リップスライムって人気あるんだね。

リップスライムが終わってサブステージでのライブ中、
メインステージでは次のアーティストの楽器等の
セッティングが行われてる。
そのセッティングをしてるスタッフのTシャツはピースTシャツ!
いよいよ次はポルノの登場?!
よく見ると、左袖の奥にNAOTOさんやポンプさんの姿を発見!!
やっぱり次はポルノグラフィティ!!

The Rolling Bloody Jr.High!のステージが終わって、
いよいよポルノが登場!!・・・と思ったら、DJが現れた(-_-;)
ポルノが出るって分かってて待たされるって辛い(/_;)
そして話が終わり、いよいよポルノグラフィティの登場!!

昭仁しゃんの服装は白のノースリーブの上から黒のベスト。
晴一さんは白のTシャツにニットキャップ。
パンツは二人とも黒でした。
そして、立ち位置に着くと・・・晴一くん見えないっ!!
リスタート1発目だから、昭仁しゃんだけでなく、
晴一くんの姿もしっかり焼き付けようと思ってたのに(ToT)

まず1曲目は「Mugen」。
出だしがアカペラ風(?)になってて一瞬、何かわからなかった。
お次は「ラック」。
実はこの曲は聴きたいと思ってたのん♪
でも、やらないんじゃないかってちょっと不安だったので、
イントロ聴いた瞬間、奇声を発してしまった。
この曲ではもちろんヘドバンしてました。
恐らくポルノファンではない周りの人の
失笑をかってたと思われ(^_^;)
そして最後のサビに入るところ、昭仁しゃん間違えた!
私はヘドバンしてて、思わずこけそうになっちゃったよ。
この1曲で首と肩はパンパンに・・・。

そして―MC―。
元気ですか、大阪!!盛り上がってますか、大阪!!
ワシらが雨バンド、ポルノグラフィティでっす!!
今日も雨を降らしてしまい、すみません。申し訳ない!
いやーホントにね、こっちから見るこの景色、素晴らしい。
みなさん見えてますかぁ?!後ろも盛り上がってますかぁ?!
ぶっちゃけ僕らが一番出たかったのは、このMTWB!!
僕はこのステージに立てることをすごく幸せに思ってます。ありがとう!

昭仁しゃん、すごい張り切ってるのが分かる。
声の感じもそうだし、身体も前のめりになってる。
僕たちポルノグラフィティは、ベースのTamaが脱退した訳ですけども、
これから2人で今まで以上に精一杯頑張っていこうと思ってますんで、
みなさんもワシらに力を貸して下さい!ヨロシク!!

昭仁しゃんの口から脱退という言葉が出てきた。
今まで、公式的な場所では全て離れるって言葉だったのに・・・。
なんだか言葉には、し難い複雑な気持ちになった。

そしてこのリスタートで、僕らのバンドの原点でもある大阪で、MTWBをね、
楽しんで帰ろうと思いますんで、みなさんも楽しんで帰って下さい!!
それでは新曲を、聞いて下さい

で、始まったのは「シスター」!!
期待をしてなかったわけではないけど、まさか聴けるとは!!
私の印象は「アゲハ蝶」と「カルマの坂」を足して、2で割った感じ。
想像してた雰囲気とはちょっと違ったけど、安心した。
“あ、ポルノグラフィティだ。”って思えたから・・・。

そして「サウダージ」。
この曲は私の予想の中には全く入ってなかった曲。意外。
そして、この曲の認知度を改めて知った。
この曲が始まった途端、今まで座って聴いてた人達も立ち上がった。
お次は「メリッサ」。
この曲も聴きたかった1曲。
でも、でもねぇ・・・・・。
私が1番好きなイントロのベース音。
ギター音に変わってた。

そして最後は「ミュージック・アワー」。
この曲の認知度もやはりすごい!
曲が始まると、観客が前に押し寄せてきた!!
昭仁しゃんは久々にベルトを外して、脱ぐフリしたり、
股間ダンスをしていましたぁ。
で、ベルトを外したせいで、ズボンがずってきちゃって、
何度もズリ上げてる姿がカワイかった♪
今回も間奏では“あいや・あいや”の合いの手を入れてました。
すると会場でも同じように合いの手を入れる人達がいっぱいいて、
なんだか嬉しくなっちゃいました(*^。^*)
そして、昭仁しゃんは曲の最後にジャンプする時、こけちゃいました(笑)

そして一青窈、Mr.Childrenが終わってDJ登場。
これで全てのアーティストのステージが終わったことが告げられる。
しかし、今回出演したアーティスト何組かでセッションが行われるとの事!
そして、セッションに参加のアーティストの名前が呼ばれていった。
最後に呼ばれたのはポルノグラフィティ!!
曲は「HEY JUDE」。
そして、この曲を取り仕切ったのは昭仁しゃん( ̄∀ ̄*)☆
とっても男らしくて素敵でした♪



今回、会場に行くまでは、
ポルノの姿を見るまでは結構不安でした。

ポルノが出てきた途端に泣いてしまうんではないか?
頑張ってる姿をみたら切なくなってしまうんじゃないか?
今まで通り、いやそれ以上の応援が出来るだろうか?

しかし、出てきてみると意外と平気でした。
もちろん、新しいサポートメンバーの姿を見た時や、
いつもと違うベース音を聴いた時は複雑な気持ちになったけど、
いつもと変わらず楽しめた。応援できた。
今日のイベントに参戦する事が出来てホントよかった。

あとはTamaちゃんだ!!
年内中に活動を始める可能性は低いのかなぁ?



■■セットリスト(ポルノのみ)■■
1.Mugen
2.ラック
―MC―
3.シスター
4.サウダージ
5.メリッサ
6.ミュージック・アワー
~~~
ラストセッション.HEY JUDE

<2004/07/26 UP>


↓クリックして貰えると喜びます(笑)
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ (PCのみ)

↓ついでにこちらも(笑)
blogram投票ボタン (PCのみ)


↓更に拍手してもらえると励みになります♪

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

タグ : MTWB レポート

23:58  |  ポルノグラフィティ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinmomo7.blog65.fc2.com/tb.php/37-b139a1fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |