FC2ブログ

横浜ロマンスポルノ'06~キャッチ ザ ハネウマ~<番外編>

2006.07.23 (Sun)

MC=昭仁晴一



ライブサポーター当選者への電話連絡が本来あった日の数日後、
見知らぬ電話番号からの着信。
いつもなら知らない番号なら出ないのに、しかも仕事中なのに
なぜか予感めいたものがあり電話取ると、なんとlove up!からだった。
ハズれたと思っていたライブサポーターをお願いされたのだ。


----------


当日、整理番号順に身分証の確認とチケット代の返金。
そして座席番号の書かれた用紙を配られる。
その後、サポーターの控え室であるブルペンに移動。
ここまで約1時間。

控え室に着くと今回サポーターとして参加する上での注意事項や
今回私達が何をするのかを書かれたタイムスケジュールを配られる。
そこで自分の座席の確認。
私は上手(1塁側)3列目、外側から2番目でした。
そして今回サポーターの指揮(?)を担当するスタッフさんの紹介。
上手、下手の担当がそれぞれ男性スタッフさん1人づつ。
そして全体をサポートしてくれるのが女性スタッフさん3人。
えーっと、スタッフさんの名前は忘れました(汗)

今回観戦席に座るのは上手・下手合わせて200人。
内プロのダンサー60人。
ダンス経験者が10人。
そしてlove up!から130人でした。
急遽サポーターの人数を増やす事になったらしく私はその増えた枠に入った模様。


まず最初に練習したのはマスゲーム。
ブルペンには車の通り道があって、上手・下手とそれぞれ分けてその道に降りて練習。
私は外側なので一切文字に被らず正直ちょっとつまらんかった(苦笑)
せっかくだから1度ぐらいボード回したかったな。

次は『Mアワー』でのポンポンダンス(?)の練習。
ココで振り付けもしてくれたというダンサーさんが2名登場。
振りが付いてるのはサビのみ。
おなじみの横横縦縦の振りや、ウェーブは問題ないんだけど
サビの最後が簡単な様に見えて微妙に難しい。
上から?下から?!みたいな・・・。
ま、DVDにでもなったら確認してみて下さい。

で、この休憩前の練習の時だったかな?
本間さんがプルペンまで激励に来てくれました!
それまで朝が早かったり、結構待ち時間が長かったりで眠気に襲われてたけど、
本間さん登場で一気に目が覚めた(笑)
しかし何を喋ってたのかは、ほとんど聞こえずわからなかった。
因みに年末に比べて少し痩せててホッとしました(苦笑)

その後暫く待機した後、12時半頃お昼御飯。
ちなみにお弁当の写真すら撮影出来ませんでした。
撮ろうと思えば撮れなくはなかったんだけど
一切の記念撮影禁止って言われてたからね。

昼休憩後はもう1度マスゲーム・ポンポンダンスの練習。
マスゲームの時はいつの間にかブルペンに来ていた
マネージャー棚瀬さんからもアドバイスを貰いました。

その後はビプス(タンクトップ)・ポンポンを受け取り
更にボードを持ってこの日私が一番緊張したリハーサルへ!!
ステージには既にメンバーの姿。

うおっ!!衣装じゃないよ!! <当たり前


晴一くんは黒のニット帽、白のTシャツ、ベージュのパンツ。
昭仁さんは真っ黒のグラサン、黒のタンクトップ、
グリーンのハーフパンツ、目が覚めるような黄色のスニーカー。


観戦席に着いて座席を確認しようと座席前に貼ってある
マスゲーム用の歌詞カードを見ると私は椅子の外!!
うぉーい!椅子ないのかよー!と思っていると
狭くて申し訳ないけど詰めて座って下さい”との事。
一応座らせては貰えるのね。よかった。
そして席に着きステージの方を見ると・・・
全く何も見えませんっっ!!
サポメンの姿も楽器の影すら見えなかった。
昨日客席から見たときには見えるような気がしたけど・・・。

まずは音に合わせる前にマスゲームのボードを持って立ち位置などの確認作業。
この時グランドを見ると客席から私達を見ている晴一くんの姿。
最初の文字の確認で文字を作った時、晴一くんが真っ先に拍手をしてくれた。
暫くすると昭仁さんも客席に。
ちょっとお疲れ気味だったのかリラックスしていたのか肩を揉んだり首を回したり
何度も何度もあくびをしてました(笑)
あくびしてる姿を生で見れるなんて貴重な体験だ!(大笑)



続きを書く前に、今回サポーターが使用した道具(?)の紹介。


1.マスゲーム用ボード

赤と黄のボードなんですが、23日に使用したボードは正方形でした。
しかし前日はもう少し大きい長方形だったんです。
そのせいで文字が上手く出来なかったようで
スタッフの方たちが徹夜で小さくしてくれたそうなのです。


2.Mアワーで使用したポンポン

これはなんと22日のサポーターさん達が当日作ったそうです。
そのせいで23日組の私たちより22日組の方たちは
練習の時間も短かったとの事でした。


3.Mアワー・ハネウマ時に着てたビプス(タンクトップ)

前日に客席から見た時は貰えるものだと思ってたのですが
なんとこのビプスは前日からの使いまわしでした。
なので洗濯をしてあったのですが雨のせいもあり受け取った時、湿ってました。
というか、返す時まで湿ったままでした(苦笑)



私は23日の分は当然客席から見てはいないので出来がどうだったのかは分からないのですが、
もし22日と違いがあったとするならそれは22日組さんの
努力やアドバイス、失敗等があったからこそなんです。
22日組の方、ありがとうございました!!



それでは続きを・・・



マスゲームで作った文字は全部で3つ。

1番 NA  ×3
2番 20  06
3番  I  PG



因みにはもちろん“ラブ”と読みます。

マスゲームの立ち位置や形の確認が終わると今度はプロダンサーさん達の場当たり。
どうやら振り付けも前日と少し変わったようでその確認なんかもされていました。

その場当たりの後マイクを持った晴一くん。
ハネウマちゃん登場の時に僕の事も抜いてくれたみたいなんですけど、
僕の事はいいんでもっとハネウマちゃんを抜いて下さい

みたいな事を照明さんだかカメラさんに言っていました。

細かい演出にもこだわりを見せる晴一くん。
なんだか74ersを思い出し、少し胸が熱くなりました。


そして2人がステージに戻り曲に合わせてリハーサル。
本番の様に花道を走りながら歌う昭仁さん。
黄色のスニーカーが眩しいぜっっ!!(笑)

まず『NANANA サマーガール』
“老いも若きも~”で端からボードを配る。
“砂に埋まった~”で1・2列目着席。
最初の“NANANA~”で1番の文字。
“さあ監視等を~”で2番の文字。
2度目の“NANANA~”終わりでボードを下ろす。
3度目の“NANANA~”で1番の文字。
“NANANA~”終わりでボードを揺らす。
曲の終わり、昭仁さんの“せーの!”で3番の文字。
(もしかすると間違ってるかも・・・)

しかしリハをやってみると3番の文字が崩れてました。
で確認すると、元々足元に貼られてた歌詞カード、というかきっかけ表が間違っていた模様。
もしかすると前日も・・・?

ちなみに私はこの曲のリハ中ボードの隙間から花道を走る昭仁さんを必死に見てました(苦笑)
なんせ上げたり降ろしたり以外はする事なかったから。


『NANANA~』が終わると『Mアワー』が始まるまでに
急いでボード回収し更にビプスを着てポンポン持ってスタンバイ。
この作業が結構焦る。
ポンポンとビプスは黒布で目隠しされた椅子の下にあるんだけど
マスゲームの時に椅子の外にいる私はボードの回収が終わらないと椅子まで戻れないの。
中には“ポンポンがない!!”って人も出てきたりして。
しかし『Mアワー』のリハはなんとか終了。

そのまま『ハネウマライダー』のリハ。
と言ってもサポーターの私達はポンポンを足元に置いただけ。
自由に好きな様にノッて下さい”との事だったので
あくまでもプロダンサーさんの為のリハーサル。


3曲のリハが終わるとマイクを持った2人から激励の言葉。

とにかく間違ってもいいんで思いっきり楽しんで盛り上げていって下さい
えー、本番では間違えないで下さい(笑)
いや、ホント間違ってもいいんで思いっきりやって一緒にいい思い出にしましょう


うふふふふふ。
私達のリハには2人はいないんじゃないかって考えてたりしたから、
2人が居ただけでも嬉しかったけど、こうして2人から言葉まで掛けてもらえて幸せでした。



サポーターのリハ終了後控え室に戻ると女性スタッフから
Mアワーのサビの振りが右からの人と左からの人がいる事を指摘される。
それで横横は右→左で統一して下さいと言われる。


OH!NO!!


体が左→右で覚えちゃってるのに~!!
あとはウェーブが最後まで辿り着けていないという事で気持ち早めにやることになり、
上手・下手が交互にCDに合わせて練習。まずは私がいた上手から。
その間、下手チームは上手チームを見てるんだけど“おー!”と言って拍手をくれた。
なんだかこんな些細な事も楽しかった。

その後は暫し休憩の後、本番前の16時すぎに夕食。
17時15分頃には少しづつ席に着いてもらうという事でそれまでに
食事を済ませなきゃいけないんだけどさすがに夕食には時間が早すぎる。。。
でも食べなきゃ絶対最後まで持たないし。。。
なんとか頑張って3分の1ほど食べました。

17時15分頃、ポカリを1本づつ受け取りいよいよ席に着く。
この時、今日は観戦席に1台づつカメラが入る事が告げられる。
しかし一斉に全員では中には入らず、少しづつ時間をずらして入る。
なぜなら今回のコンセプトは特別席で見てる普通のお客さんだと思っていたら
後半いきなり演出に参加し客席を驚かすというもの。
なので全員で行くとバレバレなのでバラバラに。
前日、実際に私は騙されてましたがみなさんはどうでした?


そしてステージ後方の特効と共にLIVEスタート!!
この特効がホント私達のスグ上だったので前日見て分かっていたのにかなりビビッた!
その後客席を見て二人が出て来たんだと知り見えはしないものの
ステージに向かって拳を上げてみる。
曲も始まってないし2人も見えない状況でテンションを上げるのは意外に難しい。

しかしライブが始まると私の隣にいた1番端の子が
1列前の友達の所に移動した為、私は動きやすくなった。
なのでホント自由に曲を楽しめた気がします。

蛍光テープが飛び出すと同時に1曲目。
グランド上空を舞うテープがスゴイ綺麗でした。
この蛍光テープ、夜ブルーライトが当たるとまるでペンライトの様に見えてこれがまた綺麗。
まぁ、中にはホントにペンライト振ってる人もいたけど。。。

その後、何の曲だったかな?
上手観戦席の目の前で昭仁さんと晴一くんが向かい合ってたやつ。
私にとっては2人を見れる貴重な時間。
手拍子しながら中腰になり必死で2人をみてました。
カメラがあることに暫く気付かないまま・・・。

その後、例のコール&レスポンス。
昨日はグランドとスタンドにしか分けられてなかったので
今日は観戦席もやってくれるといいのになぁと隣の子なんかと話していると
今日は細かく分けていくよ”と昭仁さん。
もしかして観戦席ってのもある?!
まずは3塁側からスタンド、グランドと順番にきて最後に観戦席!!
これだけでもかなり興奮!!

そして次は私もいる1塁側、昭仁さんが花道の端まで辿り着き
順番がくるのを待っていると私のスグ横にあるステージに繋がる階段を
晴一くんが嬉しそうな顔をして上がってくるではないか!!
もうこの日1番興奮した事は言うまでもない。
そして興奮のあまり晴一くんに触ってしまったよ。
晴一くんは汗でぐっしょりでした。

この日の“fu!fu!”は今までで1番張り切った。
だって目の前で晴一くんが一緒にやってるんだもん。
張り切らないわけないよね?
その後晴一くんが戻る時、道を空けようとしていると
女の子が一人歌詞カードで滑ってこけちゃったんです。
すると“大丈夫?大丈夫?”と声を掛けてました。
うぉ~ん、ちょっとワタクシやばいです。。。
何がヤバイかはあえて言いませんが・・・(笑)


それまでも結構ノリノリで頑張ってたとは思うんだけど
晴一くん登場の後はテンション上がりまくりでノッてました。
2人の姿なんか見えなくても充分に楽しいっっ!!
観戦席はかなり揺れるが知ったこっちゃないっ!!(笑)


そしてライブは進み『プッシュプレイ』
この曲が始まると観戦席には少し緊張が走る。
『プッシュプレイ』が終わると本来の立ち位置に戻る。

そして始まった『NANANA サマーガール』
もうボードを持つ前から足元のきっかけ表に全員釘付け。
“老いも~”でボードが回ってきて
“砂に~”で1・2列目が着席したと同時に
前の列で既にボードを上げてる人が・・・。
焦った私もそれを見てついボードを上げてしまった。
すると後ろの子から“まだまだ!!”の声・・・。
ひぃーーーっっ!!
ま、どうせ誰も見てないよね。
客席の子は2人の事見てるもんね!?
と心の中で自分に言い聞かせてみたり(苦笑)
その後は恐らく問題なく『NANANA~』終了。

あのマスゲームはどれぐらいの人が見てくれてたんだろうか?
文字はちゃんと読める状態だったのだろうか?
昭仁さんの“せーの!”の後、拍手と歓声が上がったけどあれは私達を見ての事だったんだろうか?
それともステージ上で何かあったんだろうか?
なんせこの時はスクリーンも見えないから・・・。

曲が終わると一番慌しい時間。
しかしこの時、椅子の傍にいた子の機転で
椅子の外にいた私達のビプス・ポンポンをさっと送ってくれた。
お陰で曲が始まるまで少し余裕が持てたよ。
私の隣だったくまこさんありがとう。

そして『ミュージック・アワー』
とりあえずサビ以外はポンポン持って手拍子。
この手拍子、リハの時はみんな胸の前でしてたのに
本番ではテンション上がったのかみんな頭の上で手拍子。
私も最初思わず手を上げてしまったもんだからその後降ろすに降ろせずずーっと頭上で手拍子。
結構きつかったなぁ(苦笑)
サビではやはり1度、右と左を間違えちゃった。
まぁまぁまぁ、誰も気付いてない!!(笑)

そして『Mアワー』の最後の最後、ココは特に打ち合わせはしてなかったんだけど
なぜか手拍子が全員びったり合っててちょっと感動。
これは参加してないと味わえない感動だね。

最後はポンポンを足元に捨てて『ハネウマライダー』
ココはとにかく自由にノッて下さいって事だったけどやはりサビは全員腕を振り回してましたね。

そしてライブ本編終了。
メンバーがステージをはけ終わると私達も退場。
アンコールの間は照明も落とされたブルペンで静かに待機。
スピーカーとかも設置されてはいないので音は反響しまくりでかなり悪い。
MCでは何を喋ってるかわからない状態。

でもそんな中で聴いた『愛が呼ぶほうへ』『ロマンチスト・エゴイスト』は
何も観えない分じっくり耳を傾ける事が出来て染みた。

昭仁さんの“どうしたい?”の声が聞こえた時、
これほどまで強く“跳びたい!!”と思った事はなかった。
だからね、跳んだよ。声をひそめて・・・。
今までで1番跳んだんじゃないかってぐらい。
2人の姿は見れなかったけどすごく楽しかった。

そしてアンコールも終了しプルペンにも照明が付けられる。
“ここを2人が通ったりはしないよねぇ”“さすがにそれはないでしょう”なんて話をしていると
そこに現れた1日取り仕切ってくれてた女性スタッフ。

えーっと、今会場は規制退場中でまだお客さんがいます。
なのでココで大きな声を出すと客席のお客さんが驚いて、
会場が混乱してしまうので大きな声は出さないで下さい。
今からココにメンバーが来ます。




!!!!!!!!!!!!



声をひそめてどよめくブルペン。
私はもう泣きかけ。この日1番震えた瞬間。
そして私達が会場へ出入りしてた場所から現れると思っていると
いつの間にか横の車道に止まっていた車から降りてくる2人。
私の真横を2人が歩いていった!!


今日はホント朝からありがとう。みんな楽しんでくれた?いい思い出になった?

声を出さずに必死にうなずくサポーター。

みんなが真っ先に盛り上がってくれたお陰で
会場も熱が上がるのが早かったの思う。ホントありがとう。


いやホントね盛り上がってる君らを見て俺もすっごいテンションが上がった。
朝早くからホントにありがとう


そして2人は私達は入る事の出来なかった
控え室の方へと消えていきました。




本来ならライブが終わって1番ホッとする時間。
その時間にわざわざ車に乗ってブルペンまで
労いの言葉を掛けにきてくれた2人の事は一生忘れない。
これ以上はない2人からのとっておきのご褒美でした。


<2006/07/27 UP>


↓クリックして貰えると喜びます(笑)
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ (PCのみ)

↓ついでにこちらも(笑)
blogram投票ボタン (PCのみ)


↓更に拍手してもらえると励みになります♪

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

タグ : レポート LIVEサポーター

23:08  |  ポルノグラフィティ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinmomo7.blog65.fc2.com/tb.php/27-8eb2a7ed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |