FC2ブログ

嵐のワクワク学校2018 ~毎日がもっと輝く5つの部活!~②

2018.06.09 (Sat)

ワク学2018ロゴ


■■時間割■■

・OP映像
・開校宣言
・一つ目 二宮 / 松島 「探検部」
・二つ目 櫻井 / 菊池 「ドッジボール部」
・三つ目 大野 / 中島 「スイーツ部」
・四つ目 相葉 / 佐藤 「オカルト研究会」
・五つ目 松本 / マリウス 「土をさわる部」
・校歌斉唱
・ED映像


【 続き 】



セリフ等は私の頼りない記憶を元に記載している為、実際とは異なる場合があります。
特に今回、授業内容を中心にメモを取ったため、雑談等はかなり曖昧です。

セリフ色分け=大野  櫻井 相葉 二宮 松本
セクゾ全員(健・風・勝・聡・葉) 誰か不明



ワク学2018ステージ




■■授業レポート(6/9・後半)■■

前半はコチラ↓
嵐のワクワク学校2018 ~毎日がもっと輝く5つの部活!~①


3つ目【スイーツ部】
部長:大野智 部員:中島健人

部長と部員紹介のVTR明け、
智がモニターに映るもまだエプロンを付けるのに戸惑ってる智(笑)

N:始まってますよ!
しかしガン無視で無言でエプロンを付け続ける智。
S:すごいマイペース!(笑)



O:はい!僕たちが紹介するのは…
智&健:スイーツ部です。

このスイーツ部ですって言う時、両手を顎に添えて振り返って言ってました!

O:なぜスイーツは我々の心を掴んで離さないのか!?
健:僕たちと一緒にその謎を解いてみませんか?
智&健:スイーツ部です。

またまたポーズ決めてました(笑)

このあと、お話をしてて健人に話をふる時は、
智はずっとケンティーのことを王子と呼んでました。

このあとケンティーが食べ方など色々実演するんだけど、
何をする時も毎回キラキラセクシー全開で実演してます。
なので、その度にファンから歓声が上がるのを想像しながら読み進めてください。



まずシュークリームを取り出すケンティー。
(↑これだけで歓声があがってます。)
O:普通に食べると、中のクリームが手に付いたりしてしまいます。
するとシュークリームを食べるケンティー。


N:ちょっとあの~そちらの部員?
O:王子です。
N:その、王子のセクシースイッチOFFってもらっていいですか?(笑)


O:しかし、ちょっとの工夫でクリームが付かなくなります。
  どうすればいいか分かりますか?

N:はい!ナイフで切って食べる。
O:道具は使いません。
S:はい!ちょっとかじって中のクリームを吸う!
O:なくはないけど…
不:はい!ナイフで切って…
O:だから道具は使わない!
  じゃあちょっと王子にやってもらいましょう。

健:はい。こうやって食べます。

と言って、シュークリームを逆さまにして食べました!。
逆さまにすると、上の空洞部分にクリームが入ることで手を汚さず食べれるんだそうです。

O:誰かやってみますか?勝利くん。
勝:いいんですか?(食べる)…あ、出てこない。甘ーい!
O:スピードワゴンかな?

普段、人の名前がなかなか出てこないのに、よくスピードワゴンが出てきたな!
肝心なところのメモが抜けてたりするのに、ここは思わずメモしちゃったわ!(笑)


このあと、生地を半分に切ってクリームが挟んであるお洒落シュークリームも出てきた。
これは蓋になってる上部分を持ってスプーンのようにクリームを掬って食べるそうです。
これも王子が実演。

N:もう1個分ぐらい食ってんじゃねぇか?


O:そして僕らは更に研究してきました!
  夏にぴったりのスイーツのへ・へ・し・進化!に成功しました!!

(↑恐らく変化と言いそうになったんだと思う(笑))


― VTR ―

このVTR中にセットチェンジしてたんだけど、気が付いた時には既にメンバーはいなくて、
せめて出てくるところは見逃さないようにと思ったのに、
次に気が付いた時には既にメンバー全員着席してた…orz

終演後、相方さんに確認したら、ステージ下に入っていったそうです。
スイーツ部前半はユニホームのままだった翔&風麿はこの時お着替えした模様。


VTRではかき氷のお店「ひみつ堂」を訪れた智。
ここではイチゴのかき氷とカボチャのかき氷を食べてました。

濃厚な蜜を器からこぼれる程たっぷりとかけてる様子は圧巻。
このあと、店の主人からカボチャの蜜の作り方を教わってました。


そしてキッチンスタジオ。
智と王子で色んな食材で新たな蜜を作ってみます。

用意されてる食材の中には魚もあって、ちょっとゾッとした(笑)


そしてある食材の蜜が完成。
完成したのは雅紀の為のかき氷。
何の蜜なのかは雅紀に当ててもらうとのこと。

― ステージへ ―


ステージ上ではかき氷を準備する王子。

O:多分、当たらないと思うなぁ~。
A:俺も去年はスイーツ部にいた気がするんだけどなぁ。
O:え?そ~お?

そして完成して出てきたのは淡い緑色した蜜のかき氷。
雅紀にかき氷を出したあと、お片付けしている王子、とんでもないことを口走りました!

健:あ!アボカド付いちゃった!!
O:おい!こぉらあぁぁぁ!!
A:アボカド!?確かに色がアボカドだねぇ。
O:そうアボカド。もうアボカドだと思って食ってくれ!


このアボカドかき氷は美味しかったようです。
このあとさらに、かき氷にイクラと鮭フレークもトッピングされました。

これには凄く難しい顔の雅紀。
だけど味は美味しいとのこと。
でもイクラと鮭はない方がやはりいいと言ってました。

そういや、日曜2部は翔ちゃんで赤パプリカの蜜だったんだよね?
もしかしてメンカラーの蜜作ってんのかな?
東京では何が出てくるのか気になる~!!


― VTR ―

=アボカドの蜜の作り方=
・アボカド 1個
・レモン汁 小さじ2
・グラニュー糖 50g
・牛乳 1カップ

材料全てを滑らかになるまでミキサーにかける。

― ステージへ ―


そしてここで、会場の皆にも食べてもらいたいとのこと。
でも全員分は用意出来ないから客席から一人選ばれることに。

選ばれたのは富山からきた高校2年生のアカリちゃん。
準備中、智からスイーツ部に入りたくなったか何度も聞かれるも、
緊張のためか、何も答えてはくれないアカリちゃん(笑)

すると、メンバーには誰のファンなのか既にバレているようで、
不:スイーツ部じゃなくて探検部に入りたいんだよね?
不:ニノから言ってあげな。
N:入りたいって言ってあげて。
ア:入りたいです。

アカリちゃん、既に泣きそうです。
そしてかき氷はただ味見出来るだけじゃなく、
VRで好きなメンバーからあ~んをして貰えるとのこと!!

ステージ上の人形に向かってメンバーがあーんをすると、
アカリちゃんが装着するVR装置にその映像が写し出される模様。
その映像は客席用のモニターにも映し出されてました。

しかし、アカリちゃんが装着したVRには何も映し出されておらず、
映し出されるまで時間がちょっとかかりました。

O:もう分かってるけど、一応聞いておこうかな。
  アカリちゃんは誰にあ~んしてもらいたいですか?

ア:二宮くん

会場、悲鳴やら歓声やら大盛り上がり!
そしてノリノリなニノちゃん!!
N:アカリ、君のために一生懸命削ったんだ。
  ほら、口開けなよ。

ア:映ってないです。
N:俺は誰に向かってやってたんだ!!

違う意味でまた会場大盛り上がり(笑)
その後、いくら待っても結局VRは復活せず、アカリちゃんも会場モニターを見ることに。

そしてニノちゃん再放送(笑)
最後の “あ~ん” は超低音ボイスでした。

アカリちゃんはアボカド自体を食べたのが初めてだったらしいんだけど、
美味しかったと言ってました。

VRはちょっと残念だったけど、何度もメンバーから名前呼んでもらえて、
きっといい思い出になったよね?

そしてこのあと、今度は何故か全員に向かって王子があ~んをしたいそう。
みんなに味の感想を聞いたあとは
健:今度は君を食べていい?

相変わらずケンティーはケンティーでした(笑)



=まとめ=

遺伝子的にはチンパンジーも人間と殆ど変らない。
違うのは脳の大きさ。

人間の脳が大きいのはスイーツのお陰。
脳を大きくするのには糖分が必要
火を使う人間は大量の糖分を摂ることが出来る。

『 スイーツあっての人類 』

智&健:スイーツ部は新入部員を歓迎します。





4つ目【オカルト研究会】
部長:相葉雅紀 部員:佐藤勝利

A:僕らの紹介する部活は、せーの!
雅&勝:オカ研です。
A:オカルト研究会ですね。
  不思議な物、怪しい物、インチキだと決めつけてしまう気持ちありますよね?
  それは勿体ないことだってことを教えていきたいです。


ダイオウイカ・カモノハシ・恐竜とかかつてはその存在を信じられていなかった物が紹介されました。
すると突然、寸劇をはじめる雅紀と勝利。
しかも下手くそな関西弁(笑)

A:いやぁ、びっくりしたぁ!
勝:どうしたんや?
A:さっきな、そこでな、ビーバーみたんやぁ!
勝:そんなんいるわけないやん!
A:ホンマやって!
勝:そんなん妖怪ちゃうんやから~!
A:ほらほら!
勝:いやいや・・・いたーーー!!

因みにモニターにはカモノハシの絵が出てたので、
雅紀が見つけたのはカモノハシという設定…かな?

昔はその存在も捕まえて持っていっても、
ビーバーに鴨の口を縫い付けたんだと、信じてもらえない時期もあったとのこと。

なので、今現在も見つかってはいない雪男やツチノコといった存在も、
嘘だと決めつけてしまうと新しい発見には繋がらないというお話。

ここでモニターに映し出されたのは江戸時代に描かれた歌川国芳の浮世絵。
ここに江戸時代には存在しないスカイツリーが描かれている。

M:あとから描き足されたとかじゃないの?
A:そんな夢のないこと言うんじゃないよ!

A:彼にはみち…未来予知の能力があったのか?
勝:未来予知を略して未知です。

勝利、ナイスアシスト!(笑)

A:火の見櫓(やぐら)かな?と言う人もいますが、火の見櫓もちゃんと描かれてます。
  そう、だからこれが、せーの。

雅&勝:イッツ、オカルティックワールド

と言って、ポーズを決める2人。
渡海が手術室に入る時みたいなポーズです。
分かるかな?ちょっとMr.マリックちっくな…。
これ、このあとも度々やります。


このあとも、不思議な物が描かれてる昔の絵がいくつか紹介されました。
こういう場違いな人工物のことをオーパーツと言うそうです。


A:ここで少しだけ不思議な体験をしてみましょう。

小さな紙(5cm四方ぐらい)を軽く半分に折ってテーブルに立てる。
そして手をかざす。

ただ手をかざすだけだと何も起こらないけど、
雅紀が自分の頬を軽く2度叩いてからかざすと、紙が倒れました!

なんか昔やったことある気がするな~!
私の記憶では頬を叩くんじゃなく、左右の頬を軽く撫でてたなぁ。

しかしその後、勝利と潤ちゃんが挑戦するもうまくいかず…。
なのでもう一度雅紀が挑戦するんだけど、今度は倒れず!

A:ノット、オカルティックワールド

M:これは何で倒れるのか解明されてるの?
A:解明されてない!だってオカルトだもん!


お次に挑戦するオカルトはフィンガーリフト。
椅子に一人座り、周りを4人が囲み、
座った人の脇と膝に握った両手の人差し指だけを差し込んで持ち上げるというもの。

これも昔、流行ったよね~!
友だち少ないから私はやったことないけど(笑)

まずはケンティーが座って雅紀・勝利・翔ちゃん・聡ちゃんで挑戦。

最初はただ指を指しこんで持ち上げてみるも持ち上がらず。
お次はケンティの頭の上に4人が交互に少し隙間を空けて手を重ねていき
全員の手が温かくなってきたら再挑戦!!
すると、ケンティーが持ち上がりました!!

盛り上がる5人!全員でカメラに向かって
5人:イッツ、オカルティックワールド

翔ちゃんがすっげーノリノリだった!(笑)

さらに続けて、信じてない残りの5人でも挑戦。
N:もうオカルト部、誰もいないじゃん。

座ったのはマリウス。
やはり何もせず挑戦すると持ち上がらないけど、
マリウスの頭上で手を重ねて温かくなってから挑戦すると持ち上がった!!
5人:イッツ、オカルティックワールド


お次はテレパシー実験。
ここで、超常現象について研究をされている教授が登場。
過去の症例みたいなのを お話されてました。


今回の実験の協力者は翔ちゃん!

まず翔ちゃんが赤(A)・黄(B)・青(C)のボックスの中に移動。(入口は一つ)
翔ちゃんが中に入ったら勝利がサイコロを振り、A・B・Cの出た目を
会場みんなでテレパシーを翔ちゃんに送る。

その後、A・B・Cのどこから出てくるか翔ちゃんが決め、
ポップアップで出てくるというもの。

S:実験前にいいですか?
  そんな現象ありえません。


こんなところでラプラスぶっこんでくる翔ちゃん(笑)


A:ただ間違えた場合、上にタライがあるので気を付けて下さい。
S:間違えた場合、俺の責任なの?(笑)
A:受信状況が悪かったということで。


いよいよ実験スタート!
翔ちゃんが中に入り、サイコロで出た目は青のC。
みんなで念を送ります。


A:翔ちゃん、いい時に言って下さい!
S:ちょっと決めた所から変えてもいい?
A:いいよ!
S:はい。いいよ。


そして飛び出てくる翔ちゃん!
出てきたのは赤色、Aのボックス!!

頭打って倒れ込む姿がとてつもなく可愛かった!!
念を送ることといい、翔担にはなかなかおいしい時間でした(笑)

A:変える前はどこにいたの?
S:最初、Cだったのよ。
M:何で変えたの?
S:無意識に(タライを指さし)欲しがっちゃったのかもしんない。

A:先生、こういう結果になりましたけど…
教授:最初の直感を信じるべきでしたかね。
S:そうですよね。



このあと雅紀のまとめ中に教授が退場していったんだけど、
すごいゆ~っくり歩いてたんよね。

歩くスピードが遅いのはね、まぁいいのよ。
仕方がない場合もあるだろうし。

ただそれを見てるファンが笑ってて、まとめに集中出来なかった…。
しかも教授、途中でベンチにいる誰かに向かって変な動きとかするから更に笑いが起こるし…。
そんな状況だけど、随分時間が押してるせいか雅紀も淡々と進めるし…。
なんかちょっと残念だった。


=まとめ=

昔、地球が回っていると言ったガリレオは変人扱いされた。

ワクワクする気持ちを大切にすることが、
未知なる大発見に繋がるかもしれない。

『 不思議の種を育てよう 』

雅&勝:イッツ、オカルティックワールド





5つ目【土をさわる部】
部長:松本潤 部員:マリウス葉

部活紹介VTR明け、潤ちゃんもエプロン付けるの間に合ってなかった。
でも潤ちゃんはボタンとか付けながらもちゃんと始めてた。
これが普通よね!(笑)



M:リトアニアに住むスタニスラヴァさん、僕の土友です。
  以前、番組でこの方を取材したんですが、この方、土を食べます。


スタニスラヴァさんは脳腫瘍が見つかり、余命も宣告されたが、
土を食べるようになってから健康になり、
余命宣告から20年以上も経つが今も元気でいらっしゃるらしいです。

ここでスタニスラヴァさんからビデオメッセージ。

お久しぶり。また一緒に土を食べたいわね。
 今日は私が食べてる土を送るので、お友達と一緒に食べてね。


って感じの内容でしたが、検閲の関係で土はないとのこと。
なので今回はフレンチレストラン「 ヌキテパ 」の田辺シェフに相談し、
食べても問題のない土を用意したそうです。


ここで潤ちゃんのクッキングタイム!
作るのは「土のサラダ」

使う土は栃木県田沼の黒土。
何度もふるいにかけ、滑らかになった物を使用。

潤ちゃんがマッシュルームを切る包丁捌きが、モニターでも映し出されてました!


O:土を食べるのはアレぶり?
M:アレぶりですねぇ。
N:土に栄養はあるの?
葉:(ややキレ気味に)勿論でしょ!
S:勿論でしょ!二宮くん何言ってんの~!

マリウス何なんだ!(笑)

そのあと、マリウスは料理するのかって話になり、
メンバーにチョコを持ってきてくれたエピを風麿がしたんだけど、
風麿だけチョコはもらえなかったらしい。

葉:その日、いなかったのが悪い。


色んなお野菜とマッシュルームにフレンチドレッシングと土をかけたら完成。
全員:いただきマリウス!

皆の味の感想は土の感じはなく美味しいとのこと。

S:土は栄養価が高いの?
葉:(またもキレ気味に)そうでしょ!

だから一体何なんだマリウス…(笑)
何?マリウスは切れキャラなの!?


田辺シェフが土を使うようになったのは、
美味しい野菜を求めていくうちに、土が大事だと気付いたから。

色々調べていくと、昔はミネラル補給のために土を食べていた時代もあったとのこと。
また胃腸が悪くなると土を食べる動物も色々いる。


M:土は食べるだけじゃなく、触ってもいいことがあります。

土を触るだけでも腸内細菌が増えるらしいです。
ある幼稚園では泥まみれになって遊んだりすることで、
体の弱かった子も健康になったりしたそう。

M:土を使った新しい遊びを考えてきました。
  こちらをどうぞ。



― VTR ―

2人が訪れたのは岐阜県、飛騨高山。
案内してくれるのは左官職人の挾土秀平(はさどしゅうへい)さん。

土を取りに行ったり、触ったりして、土にも色んな色があることを教えてくれました。

そして色土で作られたカラフルな挾土さんの作品がいくつか紹介されました。

― ステージへ ―


土だけでカラフルな作品が作れるなんてすごいよねってお話。
あれらの色は混ぜて色を作ってるのではなく、
土本来の色だけで作られているとのこと。

そして、この日の教壇は真っ白ではく、
前面や側面にデザインが施されてたんだけど、
これも挾土さんが作ってくださった物だと紹介されました。

かなり色んな色が使われてるデザインなんだけど、
全て土だけで作った絵の具が使用されてるんだって。

さらに挾土さんが作ったカラフルでピカピカな泥団子も見せてくれました。


ここで、泥団子を応用した光る土バッジの作り方を教えてもらったということで
再びVTRへ。


― VTR ―

土バッジの作り方はJ StormサイトにUPされています。

土バッジの作り方


教わりながら潤ちゃんとマリウスも作るんだけど、
潤ちゃんここで不器用さを発揮!(笑)

マリウスは順調なうえ、最後の仕上がりもバッチリなんだけど、
潤ちゃんは途中手間取るし、仕上がりも少~し光ってない部分もあった。
でも、そんな不器用なところも愛おしい ( ̄∇ ̄*)

― ステージへ ―


=まとめ=

土とは植物や動物の死骸など有機物によって出来た地球からの贈り物。
土には僕たちを元気にしてくれるパワーがある。

土には宝物が埋まっていると言われるが…

『 土そのものが宝物 』

潤&葉:是非、僕らと一緒に土を触りませんか!



土をさわる部の紹介が終わると鐘の音。





【校歌斉唱~ED映像】

S:全ての部活の勧誘が終わりました。
  皆さん、どの部活にするか決まったでしょうか?

A:せっかくだからさ、聞いてみよう?

ってことで、客席からカメラさんに抜かれた(選ばれた)人が答えることに!
開演前、PA席(?)のスタッフさんが客席をモニターでずーっとチェックしてたのよね。
きっとここで誰を当てるか、ある程度選抜されてたんだろうね!


まずは1塁側、滋賀から来た中3のユナちゃん。
中3と聞いて潤ちゃんが “受験生だね。頑張れ~。”って言ってた。
ユナちゃんが入りたいのはスイーツ部。
理由はスイーツが好きだから。

本当の理由は恥ずかしくて言えなかっただけな気がする。
きっと智担かケンティー担なんだろうね。


お次は3塁側、兵庫から来た高3のナノコちゃん。
高3と聞いてまたまた潤ちゃん “受験生、頑張れ。”って言ってた。
そしたら翔ちゃんが “受験に反応いいね。”って笑ってた。

ナノコちゃんが入りたいのはオカ研。
理由は…聞いてたかな?覚えてない(メモもない)や。


S:入りたい部活が決まったらHPの方から入部届を提出して下さい。
O:入りたい部活がなかったという人は、自分で作っちゃってもいいと思います!

自分で作った場合も入部届出せるんですかね?(笑)


S:それでは校歌斉唱です。
M:1番は僕たちで歌います。
  2番は歌詞も出るのでみなさんも一緒に歌ってください。


「ふるさと」


最後のフロート、1塁側から乗ったのは翔ちゃん・雅紀・潤・マリウス・ケンティー。
そんで、分かってはいたけど翔ちゃんは殆ど下段には目線くれない(苦笑)
まぁでも、見れたから!しっかり見れたから満足です!!


最後、バックスクリーンでフロート停車。(Bの辺り)
一通り挨拶を終えたのち、メンバーが下りていくなか、
翔ちゃんは最後までフロートに残って一人でディスコスターバイバイ!
フロート降りてからも一人で更にディスコスターウォーク!!

雅紀からは見えてないから、一緒にはやってくれなかった~!!
でも退場する瞬間にはいつのまにか翔ちゃんの横にぴったり寄り添う雅紀!ヽ(*´∀`)ノ
最後にドアを閉めたのは翔ちゃんなんだけど、
ある程度しまったところで、ひょっこりはん的にまたドアを開ける翔ちゃん。
その時にも横に寄り添ってると思われる雅紀の頭がチラッと見えてた!!



そして最後の映像、今回はちゃんとメモ取ったよ!
ってか、今回はメモ取らなくても覚えてられそうなインパクトある内容だったけど(笑)

内容は各部活動の次回活動予告。

「探検部」 通天閣登頂!?
「ドッジボール部」 五輪種目を目指す!?
「スイーツ部」 300円で作れるベストパイは!?
「オカルト研究会」 瞬間移動に挑戦!?
「土をさわる部」 スタニスラヴァさんの手料理をいただく!?

かなりギャグ的な内容で恐らく次回はないと思われる(笑)



---------------




昨年、7年目にしてようやく初入学することが出来と思ったら、
また今年も続けて登校することが出来ました!

今回は昨年ご一緒した方のお一人にチケットを譲って頂きました。
本当に本当にありがとうございました!!



この日は初日ということもあってか、
丸々3時間も嵐さんと同じ時間を共有することが出来ました。


今回、「探検部」をはじめ、大阪色が強めだったけど東京では変わるのかな?
映像とか、東京ver.もあるんやろか?

ただ今回は前回の反省も踏まえ、メモを取ることにかなり集中してたので、
VTR中のメンバーの様子とかあまりチェック出来なかった~(;´Д`)=3
(翔ちゃんの生足だけはしっかりチェックしたけど… ←)

よくよく考えたら、来れなかった人もそっちの方が気になるよね?
う~ん、これまた失敗…。
でも、そのお陰で去年よりはレポは早く仕上げられたよ!

あくまでも“去年よりは”だけど (´ε`;)




次にまた登校する機会があれば、
去年・今年の反省点を踏まえたうえで授業に挑みたい!!

いつかまたワクワク学校に登校出来ますように!!





<2018/06/13 UP>


waku2018_2.jpg



=今回のネイル=
20180611114633712.jpg



テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

23:18  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinmomo7.blog65.fc2.com/tb.php/103-e66cb976

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |